ギックリ腰を繰り返す3つの理由とは!?

  • 「季節の変わり目にギックリ腰になりやすい」
  • 「1度ギックリ腰になってから、疲れがたまるとギックリ腰を起こしてしまうようになった」
  • 「腰が常にだるく、ふとした動きでギックリ腰になる」

なんてお悩み、あなたはありませんか?

当院の患者様でも、このような方はすごく増えてきています。
激しい腰痛が急に起こると、仕事や家事・遊びの予定など…様々なことに支障をきたしてしまいますよね。

今回は、辛いギックリ腰を繰り返してしまうあなたのために、ギックリ腰を繰り返す原因についてお伝えしていきます。

ギックリ腰とは?

ギックリ腰とは?

ギックリ腰とは、「急性腰痛」と呼ばれ、急に起こる筋肉や関節の炎症のことを言います。
(詳しくはコチラ

その鋭い痛みから、欧米では「魔女の一撃」と呼ばれています。

本来なら2日〜1週間で改善することが多いものの、なかなか痛みがひかなかったり、慢性化してしまったり、先述のように何度もギックリ腰を繰り返してしまうことが多いです…

では、その原因や、日常生活で気を付けるべき注意点は何なのでしょうか?

気を付けて!ギックリ腰を繰り返す3つの理由

1、骨盤・背骨などの体の歪み

歪みが慢性化している

骨盤や背骨、股関節などの体の歪みは、正常など

  • 眠っている時
  • 歩いている時

に補正されていくのが正常な状態です。

しかし、体の状態が悪くなると、これらのタイミングで歪みが補正できなくなり、歪みが慢性化してしまうのです。
そうすると、ふとした動きや、以前なら「少し疲れるなぁ」くらいの運動量でも腰の筋肉や関節に負担をかけてしまい、ギックリ腰を引き起こしてしまうのです。

基準は「朝起きた時にスッキリしているか?」です。
もしあなたが前日の疲れを翌日に引きづっているなら、歪みが慢性化して、ギックリ腰を繰り返しているかもしれません。

2、筋肉の衰え・バランスの悪さ

筋肉の衰えがギックリ腰の原因になります。

筋肉は、皆さんもご存知の通り、様々な動きを支えたり、姿勢を保つために働いているものです。
しかし、それだけではありません。
筋肉は、

  1. 体を動かす
  2. 血流を良くする
  3. 外部の衝撃から体を守る
  4. エネルギーの消費をする

などの働きを行なっています。

そんな筋肉が衰えたり、アンバランスに筋肉がついていたらどうでしょうか?

体の動きがアンバランスになったり、血流が悪くなったり、衝撃から体を守れなかったり…など、様々な悪影響を与えてしまうのです。
そしてこのような筋肉の衰えや筋力のアンバランスが腰に負担をかけたり、血行不良を起こしたり、なんでもない動きで痛みを起こしてしまったりする原因になるのです。

「気付いたら背骨の腰の部分が丸くなっている」
「腹筋や背筋が全然できない」
「最近腰回り、お腹回りがぷよぷよしてきた」
なんてあなたは筋肉の衰えが原因でギックリ腰を繰り返してしまっているのかもしれません。

腰痛が悪化しない程度に筋肉トレーニングをされることをお勧めします。

3、食生活の乱れ

食生活の乱れ

あなたは暴飲暴食、していませんか?

実はギックリ腰は「忘年会シーズン」「お正月明け」にとても多い症状なのです。

ということは…暴飲暴食とは切って離せないですよね。

実は、暴飲暴食などで内臓が疲れると、「腹圧(お腹の圧力)」が低下・膨張して、腰に負担をかけてしまうのです。
また、神経や筋肉・関節を圧迫して、慢性的な腰痛や腰のだるさにも繋がりやすいです。

「ついついお腹いっぱい食べてしまう」
「お酒が大好きで2杯以上飲むことが多い」
「最近飲み会が続いている」
という方は、食生活の乱れによって内臓が疲れ、腹圧に以上が出ることでギックリ腰を繰り返しているのかもしれません。

是非食生活を見直してみてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

当てはまるものはありましたか?

当院には、「病院や整形外科で原因不明と言われた」といった経験をされている方が数多く来院されます。
原因が分からないギックリ腰を繰り返すのは本当に辛いですよね。

症状が改善に向かうためには、まず原因を把握することが大切です。
繰り返すギックリ腰の原因を把握でき、あなたのお悩みが解消するためのお手伝いが出来たら嬉しいです。

 

繰り返すギックリ腰、○○が原因では?→ギックリ腰改善への近道は→こちら

ぎっくり腰について詳しくはこちら

ぎっくり腰